新着情報

 RSS

パブリックスペース

書き初め01/15 15:52
人権集会01/13 14:27
今日も寒かった01/08 15:57
新年明けましておめでとうございます01/07 16:15

カウンタ

1161731
Since 2015.11.2

緊急の連絡

特にありません。
 
【今日の給食】
こちらから確認できます。
  当日午後に更新されます
【今月の献立表】
こちらからダウンロードできます。

【アレルギー対応表】

こちらからダウンロードできます。

【アレルギー確認書】
明治小食物アレルギー対応確認書.pdf
 
吉岡町立明治小学校
〒370-3605
群馬県北群馬郡吉岡町
北下433
TEL:0279-54-2105
 
Copyright © 2010-2015 yosioka-town. All Rights Reserved.
 

令和2年度 学校経営方針

Ⅰ 基本方針
「心豊かな教育と文化のまち」の理念の下、家庭や地域と連携して、児童が、優れた知性を身に付け、 豊かな心をもち、心身ともに健やかに成長できる学校、信頼される学校づくりを行う。

Ⅱ 学校教育目標
 基本目標
    心豊かで自ら学ぶたくましい子供を育成する
 目指す学校像
    活力と楽しさがあり信頼される学校

Ⅲ 経営方針と具体的な取組
1 学習指導に関すること      主に自ら学ぶ子供を育成するために
  ○児童がたくましく「生きる力」をはぐくむことを目指し、学習指導要領の目標と内容を踏まえた「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を行い、指導と評価の一体化に努める。
    ・児童にとっての単元及び題材の課題を設定する。
    ・単元及び題材の課題解決に向け、各単位時間のつながる授業作りをする。
    ・学びを広げたり深めたりできるよう,友達や教職員、地域の人に触れる機会を設定する。
    ・学習の目的や見通しを「めあて」で持たせ、何をどのように学んだかを「振り返る」授業の実践
    ・単元や題材・単位時間を「つかむ」「追求する」「まとめる」の過程を意識した学習の展開
    ・プログラミング学習を含めた情報リテラシー能力と情報モラルの育成を図る。
  ○実行力のある校内研修、学習指導案への転換と意識改革の徹底
    ・指導案の内容精選と一人年間1研究授業の実施(校内研修として位置づけた授業研究)
  ○年度末と活動中における各教科、領域の年間指導計画の点検・改善
  ○専科教員や専科特配を活用した教科担当制の推進
    専科による授業 理科(4~6年) 英語・外国語活動(全学年) 音楽(3~6学年)
                    書写(2~6学年) 担任相互の授業 家庭・図工と体育の交換(56学年)
  ○学年で共通化した組織的かつ個に応じた家庭学習の実施
  ○特別の教科「道徳」 道徳授業の改善・充実
  ○個別の指導計画を踏まえた学習活動のきめ細かな支援・配慮
    ・学習活動上の児童の困難さに対応した指導を工夫する。
   
2 学習外の指導に関すること      主に心豊かでたくましい子供を育成するために
  ○児童が、自らの可能性を高め、互いに認め合い、支え合う温かく居心地のよい学級をつくる。
    ・学校生活を通して、児童一人一人のよさや興味・関心を生かした指導を実施して、児童に自己存在感を感じさせる。
    ・児童の考えを交流させ、互いのよさを学び合う場によって共感的な人間関係をつくる。
    ・課題の設定や学び方で、自ら選択できる場を工夫して設定し、自己決定できる児童を育む。
    ・集団に支えられて個が育ち、個の成長が集団を発展させるという相互作用を生かした学級経営に取り組む。
  ○児童一人一人の言動や変容に注意して、いじめの早期発見に努め、いじめと疑われる言動を把握したときは法に基づく適切な対応を実施する。
    ・なかよしアンケート、なかよしチェックの充実、「児童を理解する会」の効果的な活用
    ・チャンス相談の拡充と必要なケース会議の積極的な開催
  ○日常の学校生活全体で、不登校傾向も含めて、児童のSOSの出し方教育も推進して、家庭や専門機関との連携を通して学校全体で組織的に対応する。
    ・SC、保護者、関係諸機関との連携の強化、家庭訪問・教育相談の実施
  ○基本的な生活習慣の励行
    ・自発的なあいさつ、右側歩行の励行
    ・「よい子のやくそく」「家庭学習の手引き」の活用と共通指導
    ・清潔習慣検査や「いきいき明治っ子週間(年間4回)」の計画的な実施
    ・栄養教諭を中心とした食育の工夫と学校保健委員会の充実
    ・外遊びの奨励と環境整備
  ○児童の主体的な活動(児童会活動の活性化)
      あいさつ運動の拡充 いじめ防止活動の工夫 なかよしタイムの充実
  ○安全教育の充実
    ・交通安全教室、避難訓練の実施、Jアラート時の町内3校合同での防災訓練
    ・班別による登下校の具体的な交通指導の充実・工夫
    ・危機管理マニュアル、防災体制の継続的な見直しと防犯カメラによる不審者の常時監視
    ・見守り・交通指導員、明治っ子守り隊との連携とPTAによる通学路点検の実施
  ○特別支援教育の充実
    ・個別の指導計画の改善や個の特性に応じた指導の工夫に努め、通常学級における困り感のある児童に対して特別支援教育の視点で対応する。
    ・特別支援教育校内委員会、教職員研修の充実、めえちゃん教育相談や学習会の実施
    ・吉岡町通級指導教室の効果的な運営と個別支援や通常学級との連携の充実
    ・特別支援学校や関係機関との連携の強化とWISC等諸検査の積極的な実施
   
3 学校運営に関すること      活力と楽しさのある学校にするために
  ○教職員が充実して日常の勤務に当たれるよう温かく居心地のいい明治小職員室にする。
    ・あいさつの励行と笑顔の談話、職員全員の考えや意見を聞き、建設的・実現可能な内容は即実現
    ・管理職の日常的な授業参観や校内巡視の充実
  ○働き方改革の趣旨を遵守して、業務の統合や廃止などの見直しによる業務改善を継続的・積極的に取り組み、ワークライフバランスを意識した効果的で成就感の持てる勤務環境にする。
    ・管理職からの積極的な担当業務や校務分掌への支援と相談の働きかけ
    ・校時表の見直し(落ち着いた始業と清掃や集会時間の計画的な運用)
    ・エクセルファイルによる在校等時間の把握と業務改善の徹底
  ○既存の地域との密接な連携を生かし、学校運営協議会を中心とした、地域に開かれた信頼される学校となるように情報発信や収集、学校公開を推進する。
    ・学校運営協議会を中心とした地域連携の一層の充実と既存の活動の整理
  ○学校組織全体で、リスク&クライシスマネジメントに対応できるよう日常の働きかけと必要な研修を実行する。
  ○施設設備・遊具の点検、安全対策の徹底を図る。
  ○具体的な支出を提示し、費用対効果を意識するとともに、無駄を省き、予算を一層有効に活用する。

4 基本姿勢・意欲・態度に関すること      信頼される学校にするために
  ○吉岡町の教育公務員としての職務と責任を自覚し、服務規律の確保を徹底する。
    ・公務外の非違行為の撲滅、個人情報の管理、体罰や暴言防止の徹底
    ・服務規律確保と校内委員会の活性化、新しい行動計画に基づくチェック
  ○教員としての職能成長を図り、人間力を研磨し、学習指導や生徒指導の資質や技能向上に努める。
    ・あいさつ、服装、言葉遣い、児童名への敬称付けを常時確認する。
    ・教職員の職能成長や人間力の向上に効果的な校内研修の内容と方法の見直し
  ○既成概念にとらわれずに、学校教育目標を念頭に、自己及び学校全体の業務の見直しと効果的に成就感を持って勤務する。
    ・積極的な業務改善によるワークライフバランス
    ・校時表の特長を生かした会議の精選、各種会議の定例化と充実
   
5 周囲の教職員への支援・協力、健康管理に関すること     活力と楽しさのある学校にするために
  ○明治小学校の構成員としての役割と責任を自覚し、日常から報告・連絡・相談を密にし、連携・協力して関係機関や教職員間の情報交換の充実を図る。
    ・積極的な会話と日常的な報告・連絡・相談の徹底
  ○キャリアや個性に応じた一人一人の経験と持ち味を生かし、同僚性を築き、協働体制を確立する。
    ・キャリアや個性を生かしたOJT研修や積極的なメンター研修・会議の実施
  ○管理職や同僚からの助言は真摯に受け止め、自らも学校全体を考え、同僚に助言や支援を行う。
    ・管理職による談話や情報提供、健康管理・ストレスチェックへの働きかけ

 

平成30年度~ 明治小学校いじめ防止基本方針

明治小学校いじめ防止基本方針 抜粋

全文は下のリンクから開くことができます。
 

児童数の変容

 

地域の概要

吉岡町は、県のほぼ中央に位置し、榛名山の南東山麓と利根川流域に展開した地域で、面積20.50km の農村地帯です。西半分は榛名山の裾野の一部で、標高200~900mの傾斜地で、その中には放射状の輻射谷がよく発達してます。
東半分は、標高100~200mの洪積層からなる洪積台地が山麓から東流する中小河川によって開析されています。
昭和30年4月に明治・駒寄両村を合併し、2つの村を結ぶ河川の名にちなみ、吉岡村と命名しましました。
その後、平成3年4月に町制がしかれ、吉岡町となりました。
吉岡町は、渋川・高崎・安中線の県道をはじめ町道が整備され、前橋市や渋川市に隣接し、高崎市にも近いため各種の産業が発展しています。
さらに、平成11年3月に上毛大橋が開通して一段と交通網が充実されました。
県道沿いには商店をはじめ、中小の会社や工場が並んでいます。また、自然にも恵まれ、酪農・果樹・米作等の農業も盛んです。
町内には、幼稚園(1) 保育園(5) 小学校(2) 中学校(1) 総合運動場(1) 社会体育館(1) コミュニティセンター(1) 文化センター(1)等々の教育施設が充実しており、教育的関心は高く文化の創造に努めています。




榛名山の南東麓。右下は利根川。
風力発電所
船尾滝
 

沿革史

明治6年 10月 17日
(1873)
上野田学校創設。常泉寺を校舎に仮用。
8年 6月  4日(1875)
野田小学校創設。華蔵寺を校舎に仮用。
8年 6月 24日
下村学校創設。高唱寺を仮用。
17年 11月 6日(1884)
第45学区25番小学校として指定される。(明治小学校開校とする)
22年 4月 1日(1889)
西群馬郡明治村春桃尋常小学校と改称。高唱寺を仮用。
24年 4月 1日(1891)西群馬郡明治村明治尋常小学校と改称。
24年 4月 1日(1896)
群馬郡明治村明治尋常小学校と改称。
24年 4月 1日(1898)
新校舎で授業開始。
32年 4月 1日(1899)
明治尋常高等小学校と改称。
43年 9月 1日(1910)
校舎増築竣工。
大正
7年 9月 1日(1918)
群馬郡明治村実業補習学校を併置。
昭和
6年 6月 16日(1931)
出火により校舎全焼。校舎竣工。
10年 9月 1日(1935)
実業補習学校は明治村青年学校と改称。
16年 4月 1日(1941)
群馬郡明治村国民学校と改称。
22年 4月 1日(1947)
群馬郡明治村立明治小学校と改称。
24年 10月 1日(1949)
北群馬郡明治村立明治小学校と改称。
28年 3月 6日(1953)
明治中学校より出火。類焼全焼。
28年 11月 13日 新校舎授業開始。
30年  4月  1日(1955)
北群馬郡吉岡村立明治小学校と改称。
35年  1月  1日(1960)
校歌制定(作詞五十嵐まさ路、作曲中井二郎)。
38年  2月  8日(1963)
第16回群馬県学校給食優秀校表彰。
38年 5月 22日
学童貯金組合東京郵便局長感謝状受賞。
39年 9月 18日(1964)
全日本よい歯のコンクール優秀校表彰。
39年 11月 27日
第5回群馬県よい歯のコンクール優秀校表彰。
39年 12月 3日
群馬県PTA協議会優秀PTA表彰。
42年 11月 9日(1967)
第8回群馬県よい歯のコンクール優秀校表彰。
42年 11月 11日
全日本よい歯のコンクール優秀校表彰。
45年 11月 11日(1970)
昭和44.45社会科研究県指定研究発表会開催。
46年 7月 10日(1971)
学校プール完成。
47年 1月 18日(1972)
第17回学研教育賞受賞(文部省・県教委後援)。
47年 11月 15日
昭和46.47社会科研究文部省指定研究発表会開催。
48年 2月 (1973)
校章選定(公募した図案の中から選定委員会が選定)
48年 7月 21日
第1回臨海学校(出雲崎)実施。
49年  3月  6日(1974)
どんぐり山(滑り台)設置。(PTA寄贈)
50年 2月 28日(1975)
ジャングルジム設置。(PTA寄贈)
50年 11月 28日
第16回群馬県よい歯のコンクール優秀校表彰。
50年 11月 28日
群馬県健康優良学校入選表彰。
51年  3月  6日(1976)
「校歌の碑」建立。(PTA・卒業生寄贈)
51年  10月 9日
校旗制定・製作。(PTA寄贈)
51年 11月 18日
群馬県健康優良学校入選表彰。
53年  3月 25日(1978)
新校舎第一期工事完了。
54年  2月 15日(1979)
新校舎第二期工事完了。
54年  2月 20日
引っ越し完了。新校舎での授業開始。
55年  2月 29日(1980)
体育館完成。
55年   3月  1日
新築記念としてPTAがグランドピアノ寄贈。
55年  3月 28日
新校舎第三期工事完了。
55年   4月  1日
校舎・体育館落成式。
55年  6月 30日
保健室前の石庭完成。(教育委員・教育長寄贈)
55年  6月 30日
帯状庭園完成。(昭52・53PTA寄贈)
55年  8月 15日
ステレオ購入。(吉沢福次氏寄付金を基に)
56年  2月 28日(1981)
石庭遊具完成。(昭55PTA寄贈)
57年  3月  1日(1982)
校庭に水飲み場設置(昭55PTA寄贈)
57年 3月 19日
観察池完成(昭56PTA寄贈)
58年  4月  1日(1983)
同和教育地区指定協力校
58年 9月 12日
ブランコ完成(昭58PTA寄贈)
59年 2月 24日(1984)
親子20分間読書発表会
60年 2月 24日(1985)
明治小学校開校百周年記念式典挙行
記念文庫、ブロンズ像、テレビカメラ2台、印刷機(百周年実行委員会寄贈)
62年 3月 26日(1987)
飾り戸棚一基(昭61PTA・卒業生寄贈)
63年 3月 26日(1988)
のぼり棒一基、平行棒一基(昭62PTA寄贈)
63年 3月 26日
鉄製平均台一基(昭62卒業生寄贈)
平成



元年  2月 5日(1989)
てん圧機車庫及びグリーンダスト入れ(昭63PTA・卒業生寄贈)
元年 8月 31日
屋上フェンス設置、給食コンテナ室改修、窓てすり設置
元年 8月 31日
校庭にボール当て設置(平元PTA・卒業生寄贈)
元年 11月 1日
県体力つくり実践研究発表
3年 4月 1日(1991)
町制施行により、吉岡町立明治小学校と改称する。
3年 7月 
生活科うさぎ小屋設置
3年 1月 
木造旧校舎解体、砂遊び場設置
4年 1月 (1992)
校舎北側倉庫新築
4年 2月 15日
液晶プロジェクター寄贈(平3PTA・卒業生)
4年 6月 
校舎北土手につつじ植樹
4年 8月 
職員室改修、校長室移動、4階に普通教室を作る
5年 5月 20日(1993)
20~21日修学旅行班別での行動を取り入れる
6年 3月 26日(1994)
コピー機寄贈(平4・5PTA・卒業生)
6年 5月 
プール水循環管タンク入口弁1基交換
7年 2月 15日(1995)
平成6年度優良PTA県教育委員会表彰受ける